車両の外観

トワイライトエクスプレスの機関車【EF81型交直流電気機関車】

EF81-103トワイライトエクスプレス牽引機

EF81型電気機関車・トワイライトエクスプレス専用機

◆EF81の概要

akebono6・EF81型は1968年12月に誕生した交直流両用の機関車で、国鉄型電気機関車の中でもとりわけ汎用性が高いので、非常に広範囲にかつ長期にわたって活躍を続けてきた車両です。日本海縦貫線や常磐線、北陸・東北地方を走る寝台特急、貨物列車、関門トンネルの専用機として活躍した形式としても知られていますね。やはり、直流区間だけでなく、交流区間50Hzも60Hzも走れるというのはかなり便利だったんでしょうね。今ではJR化後に現れた新形式の交直流機関車に押されてずいぶん数を減らしていますが、それでもまだ現役として活躍している姿をある程度見ることができますね(2014.10月現在)

◆トワイライトエクスプレス専用機

寝台特急トワイライトエクスプレス・長岡駅にて・EF81型の中でも、トワイライトエクスプレス専用機としてグリーンとイエローの特別塗装になっているのは6両。番号は43.44.103.104.113.114。この6両は連結器を衝撃の少ないタイプの「密着自動連結器」に変更されていますので、外観上も(色だけでなく)少しの違いがあります。
・連結器の付け根あたりが四角い箱のようになっていますよね。上の寝台特急あけぼの号の写真ではそれがないことを見て取っていただけると思います。
・さて、トワイライトエクスプレスを牽引する機関車はほかにED79型交流電気機関車と、DD51型ディーゼル機関車(重連)がありますが、専用のカラーリングとなっているのはこのEF81型だけですね。やはり、客車がJR西日本の車両であることからJR西日本が主体で運行している列車だということがよくわかります。

◆製作は日立製作所と三菱重工

日立製作所製EF81103・この機関車の製作は日立製作所と三菱重工です。写真の103号機は日立ですね。どちらの会社も、日本の電気機関車の製作において数多くの実績を残してきた、信頼ある会社です。
【各車両製造一覧】
・43— 日立製作所 S47年5月25日製造 酒田機関区配置
・44— 日立製作所 S47年5月30日製造 酒田機関区配置
・103– 日立製作所 S49年5月21日製造 敦二機関区配置
・104– 三菱重工  S49年5月23日製造 敦二機関区配置
・113– 日立製作所 S49年9月05日製造 敦二機関区配置
・114– 三菱重工  S49年7月24日製造 敦二機関区配置

◆夜でもよく映えるトワイライト色!

夜でも映える専用機・日中はあまり気づかない点ですが、低い位置にある黄色の帯は反射テープの縁取りが施されています。どうやら登場当初はなかった縁取りで、リニューアルされたときに追加されたそうです。(機関士さん交代のタイミングでフラッシュ撮影。)このラインもですが、窓の周りのイエローも夕暮れ時によく映える色です。

・バックのダークグリーンは日本海の深い色を表していて、黄色とヘッドマークのピンクのカラーで日本海に沈む夕日、トワイライトに輝く空が表現されていて本当にはっきりとしたコンセプトが打ち出された、素晴らしい列車です。

関連記事

  1. 【受け継がれる伝統】トワイライトエクスプレス瑞風号のロゴマーク
  2. トワイライトエクスプレスのヘッドマーク
  3. 下り列車の最後尾【1号車スロネフ25】ロイヤル&スイート
  4. トワイライトエクスプレスの機関車【DD51型ディーゼル機関車】

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Produced by NIHONKAI FACTORY

日本海ファクトリー
〒989-6412 宮城県大崎市岩出山下野目小泉74-4
070-5651-1158 FAX : 0229-72-2282
日本海ファクトリー・E-mail

●画像ご提供のお願い●

 このサイトは、大勢の方の画像提供のご協力で成り立っています。 その際、お望みの方には「運営していらっしゃるホームページまたはブログ」等へのリンクを設置させていただきます。 ご協力いただける方はメールにてご連絡くださいませ。  *ただし、類似写真が重複する場合等、構成上お断りさせていただくこともあり得ます。ご理解ください。
PAGE TOP