まつわる光景

【4】食堂車でびわ湖を堪能&サンダーバードお見送り

1時間近いびわ湖沿岸路線

比叡の山地2・おなかをすかせながら比叡の山地を眺めて過ごしていると、小野駅を通過するころに車内放送がなりました。びわ湖について簡単な解説をする放送です。この列車ではこの後も随所でこうした案内が流れて乗客の皆さんを楽しませてくれます。

・同様の案内サービスを部分的に取り入れている列車はところどころ見られますが、何度もそれを聞くことができるのはトワイライトエクスプレスの特徴のひとつでもありますね。このようなプチ観光案内は長距離列車の魅力を増してくれる良いサービスだと思います。

◆最初の運転停車・お先にどうぞ~サンダーバード19号

・まもなく食堂車のランチタイムが始まるかなという頃、列車は近江舞子駅に到着しました。
サンダーバード19号に先を譲るこの駅は旅客扱いをする駅ではなく運転停車の駅です。つまりドアは開かずにただ停まるだけ。それは後発の特急サンダーバード号に道を譲るためです。
・それにしてもすごいですね。12:12に大阪駅を出たサンダーバード19号がここまでであっという間に22分の差を追いついてくるんですもんね。
・通常は5分間の停車予定で13:04に近江舞子駅を出発する予定のトワイライトエクスプレスですが、この日はサンダーバードが遅れていたようでそれを待っていたトワイライトエクスプレスも、京都駅出発時と変わらない3分遅れで出発しました。

食堂車・ダイナープレヤデスを堪能

車内営業のご案内・トワイライトエクスプレス・近江舞子駅停車中に営業開始した食堂車・ダイナープレヤデス。ありがたいことに、私たちは13:00ちょうどからテーブル席に案内していただき、第一陣のランチを楽しむことができました。 ⇒食堂車の造りについてはこちら

・さぁ、何をいただこうか。

実は、「車内営業のご案内」という3つ折りのパンフレットが各寝台に置かれていまして、前もってメニューを見ておくことができるんです。(私はもちろん、トワイライトエクスプレスの特集が組まれた本などで前もってメニューを見ていましたけど)。

・食堂車は定員が限られていますから、メニュー選びにあまり時間をかけていては待っている方々に申し訳ないですから、事前に決めておいたメニューをすぐに注文したいものです。もちろんスタッフの方が来られるのを待ってですが。

◆ランチメニューの一例

ダイナープレヤデスのランチの例・いずれもおいしそうなものばかり並ぶメニュー。どれも食べたい!と言いたいところですが、欲張って詰め込んでも「良さが半減」してしまいますから、私たち家族は食べたいものを3つに絞りました。

  • ハンバーグステーキ(¥1420)
  • 自家製ビーフカレー(¥1080)
  • オムライス(¥980)

ちなみに、私たちは夫婦と幼い子供1人ですので、これで十分でした。お望みの方はスープやサラダ、パンまたはライスなどを組み合わせたセットの「ランチセット(A~D)」などを組み合わせることができます。個人的には海老マカロニグラタン(¥930)も捨てがたかったのですが、おなかのスペースが空きませんでした。残念。

◆びわ湖を見ながらのランチ

ダイナープレヤデスからびわ湖・目の前に整然とスプーンやお箸などが並んだだけでワクワクしてしまいます。そして、お料理が運ばれてくるまでの間しっかりとびわ湖を眺めることができます。そうです、なにも慌てて琵琶湖を見ようと必死にならなくても十分にみられるんですね~。(もっとも、びわ湖南部の特定の景色が好きなら別ですが)
・びわ湖と湖西線の間の距離は遠くなったり近くなったりを何度か繰り返しますが、大津京からマキノまでの約1時間の間じっくり見ることができるチャンスがありますから、焦らず楽しんでくださいね。ちなみに、敦賀駅到着が13:46ですから、ダイナープレヤデス(食堂車)で食事を楽しみながら見られるのは第一陣だけになるかもしれません。

お隣の4号車サロンカー「サロンデュノール」で景色を楽しむのもひとつの方法かと思います。

この後はいよいよ北陸地方・福井県に入ります。

関連記事

  1. 【1】皆様の夢を乗せて大阪駅を・・・~いい日旅立ち~
  2. 【7】初めての3分停車・金沢駅~買い出しチャンスは着実に!~
  3. 【3】京都駅到着~大津京【びわ湖より比叡・そのわけは?】
  4. トワイライトエクスプレスを迎える人たち~大阪駅にて~
  5. 【5】いよいよ北陸。敦賀~鯖江・2度目のサンダーバード
  6. 【2】大阪~新大阪~そして列車案内の放送
  7. 【8】ベッドメイキング開始 【金沢~富山】
  8. 【6】鯖江~福井、そして石川県へ~コーヒーブレイク~

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Produced by NIHONKAI FACTORY

日本海ファクトリー
〒989-6412 宮城県大崎市岩出山下野目小泉74-4
070-5651-1158 FAX : 0229-72-2282
日本海ファクトリー・E-mail

●画像ご提供のお願い●

 このサイトは、大勢の方の画像提供のご協力で成り立っています。 その際、お望みの方には「運営していらっしゃるホームページまたはブログ」等へのリンクを設置させていただきます。 ご協力いただける方はメールにてご連絡くださいませ。  *ただし、類似写真が重複する場合等、構成上お断りさせていただくこともあり得ます。ご理解ください。
PAGE TOP